うまい説得はスキルではない?!その2

シリコンバレーの交渉術 YESを引き出す<売り込み>の脳科学の著者、   オーレン・クラフは、 シリコンバレーを中心に活動しており、 2億5,000万ドルもの資金を集め運用した実績を持ち、 その経験からこの本を執筆するに至ったそうです。   彼曰く、 セールスがうまくいくかどうかの鍵は 人間の脳の構造に 隠されていたと言うのです。   人間の脳は3つの領域に分けられます。 1つは知覚や思考などを司る 大脳新皮質。   次が、その下にあるのが感情や記憶を司る 大脳周辺系。   そして最後の1つが、 セールスや説得の成功の「鍵を握る」 脳幹。   ここは、「本能」を司る部分です。   著者はこの脳の仕組みを応用して 脳が受け入れやすい交渉メソッドを 開発したそうです。   結果、シリコンバレーの大きな資金調達交渉を いくつも成功させてきました。   しかし、 なぜ売り込みや説得において 成功の鍵を握るのが 思考を司る大脳新皮質ではなく 脳幹なのでしょうか?   そして、オーレン・クラフの 脳が受け入れやすい交渉メソッドとは 一体どんなものなのでしょうか?   一度紐解いてみる価値がありそうです。   シリコンバレーの交渉術 YESを引き出す<売り込み>の脳科学  ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です