世界水泳、スゴかったですね!成果の裏には…

こんにちは!宮本です。

  世界水泳、スゴイですね! 久々に水泳ニッポンを感じます。   メダルを獲った選手たちをよく見ると、 苦楽を共にしたコーチの存在が浮かび上がってきます。   渡部香生子選手は、竹村コーチ。 星奈津美選手は、平井コーチ。 瀬戸大也選手は、梅原コーチ。   おそらく、二人三脚で、 「強い水泳選手」を創り上げたという気持ちなのではないでしょうか。 選手自身も自分であって自分でないような。     プレーヤーとコーチが共に悩み苦しんで成功を目指すのは、スポーツの世界だけではありません。   ビジネスの世界でも、   起業家とコーチ   が一緒になって成功を目指している例はたくさんあります。     しかし、 スポーツもビジネスも今はまだうまくいっていないペアが多くいます。     私はこんな風に考えるんです。   原因は、   ・ いまはタイミングじゃない(機が熟していない) ・ 彼ららしいやり方をしていない ・ プレーヤー(起業家)とコーチの相性が合っていない     ちょっと変えることで大きなブレークを起こすことがあるんです。 (渡部選手は、平井コーチに変えた途端、成果が出ました。)     この夏、一度この3点について見直してみてはいかがですか?    ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です