過去の負を将来のプラスにできますか?

こんにちは!宮本です。

先日、ニュースを見ていたら、

_______________________________

長岡花火、日米親善の象徴に ハワイ日米協会・ホーキンス名誉会長に聞く

_______________________________   という記事を見つけました。   ハワイ真珠湾での花火打ち上げに向けて尽力した、ハワイ日米協会名誉会長の   エドウィン・ホーキンスさん(65)   が新潟日報社のインタビューに応じたものです。   戦後70年の節目の年に、 日米開戦の舞台となった真珠湾で慰霊花火が上がる意義について   「かつて戦争をした日米両国が、現在はアジア太平洋地域の平和を保つパートナーとなっている親善の象徴となる」     私たち起業家やビジネスリーダーも、過去の出来事の評価は人それぞれです。   同じ事象をとっても、失敗と取る人もいれば成功と取る人もいます。   実りある将来を手にするには、そこの議論も確かに大切かもしれません。   しかし同時に、   将来に向けてどんなビジョンを持ち、どのような姿勢で、どのように取り組むか…   そういったことが重要なのだとも思います。 確かに、負の出来事をプラスに転換するのは相当のエネルギーが必要です。   なぜかといえば、 それは、私たちのエゴとの戦いだからなのです。    ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です