どんだけ自分の話を聴いて欲しいのか。。。

スクリーンショット 2015-06-27 14.39.52

   メルマガ登録はこちら↑から!

    チャレンジするリーダー、起業家、イノベーターのみなさん、 こんにちは!宮本です。    

  意図的に共感を得る、 というとちょっとイヤラシイ感じがするかもしれませんが、 それは、   自分を律すること   でもあるのです。   つまり、 自分の感情の赴くままに言動するのではなく、   相手起点   でいるということなのです。   これは、誰にでもできますが、 訓練が必要です。   なぜなら、私たちは本来、   「見てみて!」 「聞いて聞いて!」 「私ってスゴイでしょ?!」 「褒めて〜!」   というのがサガですから、 相手を思いながらコミュニケーションを取ることは 無意識ではできません。   そう思いながら、   会社での何気ない会話、 友人との会話、 家族との会話、   を意識してみてください。 そうすると、こんなことに気づくと思います。   「オレ、昨日こんな有名人に偶然会って、サインしてもらった!」 「えー!スゴイ!わたしも去年⚪︎△って芸能人に銀座で会って。。。」 「ホント!?今度サイン見せてね。銀座で飲んでたらオレも。。。」   一応相手の話に「反応」していますが、 結局は二人とも「自分の話」に引き戻しています。   プライベートの何気ない会話なら これでもイイのかもしれませんが、   もし、誰かと強いつながりを持ちたいと思うなら、 ぜひ、これからお話しする方法をお試しあれ!   スクリーンショット 2015-06-27 14.39.52

   メルマガ登録はこちら↑から!

     ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です