北風になるのは簡単です

「目的は、継続することだ。 専門書の内容なんて関係ないぞ。」     読書が苦手だった彼にとって、 内容を理解するのではなく、 とにかく読み続けること に行動をシフトしたことで、   気分が楽になり チャレンジする勇気が湧いてきたのです。   それに。。。   「内容なんか、関係ないぞ!」   と言われても、 それだけ毎日同じものを読んでいたら、 頭に入れるなという方がムリというもの(笑)。       その後、 私は1週間から10日おきくらいに、 「続いているか〜?」 とだけ確認しました。     彼は、それから半年後、 毎日ボロボロになるまで読書を続けただけでなく、 本の内容もスッカリ頭に入り(否応なく w)、   なんと!   私に無断で(笑) 次の本を読み始めていたのです。     私たちは、 自分ができることができない相手に対して ついつい   「北風(北風と太陽の)」   になってしまうことが多くありますが、   発想を変えてアプローチすることで、 相手がブレークスルーするのみならず、 私たち自身もブレークスルーすることができるのです。   それを教えてくれた 部下の話でした。 ありがとう。        ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です