高度成長期の指揮命令機能は、もはや。。。

過去に正解を求めるべき時代は 終わったからです。   池田勇人首相のころから始まった   高度成長期   はバブルを経て、 1990年代には終わりを告げ、   いまや成熟期   に突入しました。   高度成長期は、 いわば作れば売れた時代ですので、 末端の社員たちは 余計なことを考えず、 ひたすら上司に言われた通りやっていれば 良かったわけです。   トップに近くなればなるほど、 情報が入ってきて、   上位下達(上司から部下へ指令がいく)   で組織が機能しました。   (続く)  ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です