集客のためには自分をどのように売り出せばいいか その2

あなたのやろうとしていることは、将来のクライアントにとってどんなベネフィット(メリット)があるのか?   を明確にすることです。   言い換えれば、  

将来のクライアントに向けたあなたからのメッセージ

  です。   最初にやるべきことは、  

USP(ユニークセリングポイント)

  を明確化することです。   USPとは、「〜といえば、宮本!」みたいなことです。あなたしか持っていない「ユニークなセールスポイント」のことです。   「え〜、オレにはそんなのないよ。」 と思う方は多いと思いますが、大丈夫。   みなさん、必ずありますから。   では、具体的に考えてみましょう。   「経営コンサルといえば、宮本!」   これは大きすぎて厳しいですよね。。。w だから、もっともっと絞り込むのです。   「営業コンサルといえば、宮本!」   これもまだまだ大きすぎます。さらに因数分解します。   「営業のチームビルディングといえば、宮本!」   もう一声っ!   「営業マンのコミュニケーション力向上支援といえば、宮本!」   お気付きの方もいらっしゃると思いますが、ドンドン絞り込んでいくと付帯条件が付いてきます。   絞り込めば絞り込むほど、シャープでエッジの効いたメッセージ性の高いUSPになります。   次回以降では、具体的にステップをお話ししますね⭐️    ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です