人脈を築くのがヘタなヒト

ヴィルヌーヴトウキョウ白金台 http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13141728/   というお店を経営しています。 オープン当初の約8ヶ月間、お店にはほとんどお客様のご来店はなく、シェフ共々弱り果てていました。もちろん、私たちはただ指をくわえていたわけではなく、考えられる様々なコトをドンドン実践しました。 ある日、シェフと共に次なるチャレンジを開始しました。   それは、   高級弁当を展開すること   です。   最初の月は、月合計が100個。 次の月は、500個。 その次の月は、1,000個。 以降、1個2,000円のお弁当が飛ぶように売れていきました。月に3,000個売れることも珍しくなくなりました。2013年、2014年と洋食部門の月間売上No.1になることも度々です。   1年ほど前のある日。   知り合いに紹介された、ある地方都市の洋食居酒屋経営者から連絡がありました。   「お弁当がバカ売れしてるって伺いまして。。。」 「私は洋食居酒屋をやっていますが、元々は東京のフレンチレストランで修行していましたので、ぜひ教えていただけないかと。。。」   私は知り合いからの紹介でもありますし、フレンチで修行されたようなので、一度お会いしてお話をすることにしました。   この方は、永年洋食居酒屋をやっているが、最近売上が下がってきていて家賃を払うと赤字ギリギリで厳しい、だからヴィルヌーヴトウキョウの弁当のOEMをやりたい、   そういうお話でした。   私は、OEMも展開し始めていましたので、この方に全面的にご協力することにしました。   ただ、その前にこう言いました。   「お弁当をやるのは難しいですよ。覚悟はありますか?」 「朝は早いし、うちのお弁当を作っていただくのであれば、品質管理もシッカリやっていただかないといけない。」 「今日は気分が乗らないから、受注しないっていうことはできませんよ。大丈夫ですか?」 「それと。。。うちは売上額のxx%をいただきます。」 その方は、「大丈夫です!ぜひやらせてください!」とおっしゃいました。   そこで、私たちはすぐに、   ・その地方都市の有力な営業代行に交渉し販売チームを作り、 ・受注システムなど手間のかかるところは、すべて我々が処理するよう変更し、 ・5種類の弁当のレシピをすべて開示し、 ・2日間の初期トレーニングを行い、 ・事業計画を作成し、 ・マーケティング戦略のドラフトを作成   しました。   さあ、いよいよ。。。という段になって、その経営者は私に言いました。   「あの〜。やっぱり、自分でやります。」 「ありがとうございました。」   私たちはあっけにとられました。つまり、ノウハウだけ盗んで去っていったのです。   その後、風の噂で聞いたのですが、この経営者は自宅を改造し、弁当工場を作ったようです。 でも、うまくいったという話は聞きません。実は、お弁当の市場の99%は厳しい価格競争、つまり、RED OCEANなんです。   私たちが、幸いにも1個2,000円で販売できているのは、  

  1. 幾つかの幸運、
  2. 白金台でフレンチレストランをやっているという付加価値、
  3. 味と見た目が認められ、ジワジワとリピートのお客様が増えていること、
  4. お得意様には柔軟に対応していること、
  5. キッカケはある人脈によるアドバイスやサポート、
  6. などなど
  があったのです。   先の経営者は、目先のお金が惜しくなって表面的なスキルを盗んで、「これでいける!」と思ったのでしょう。   本当のノウハウは、上述のような目に見えないもので、お金には変えられない成功するのに欠かせない貴重なものです。   それをすべて利用できたのに、わざわざ超厳しく儲からない海に泳ぎに向かったのです。 これでは、人脈を築くどころか、事業に成功することも難しいでしょう。残念ですが、仕方のないことです。 (私たちも勉強になりましたw)   ところで。。。   現在、私たちはOEM弁当を全国展開しています。   茨城、青森、石川、岡山、鹿児島   などです。 (もっと増えてるかも〜w)   興味がある若く熱意のあるフレンチレストランオーナーは、お話を伺いますよ〜。   ぜひ、一緒に展開しましょう ^^)/      ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です