人を惹きつけるキラーワード

人を惹きつけるキラーワード   です。   その言葉を聞くと、   ついつい気になってしまう、 二度見してしまう。。。   そういう言葉です。   例えば。。。   除菌   などはその一つといえるでしょう。   ライオンの「キレイキレイ」や P&Gの「除菌ができるジョイ」が代表選手です。     TVコマーシャルでは、手についたバイキンやまな板についた菌 をイメージ図などで拡大して 「除菌しないと!」 と恐怖を煽っています。   消費者は、 「え〜、食材を調理するまな板にそんなに菌がついているなんて!」 「洗ってるのに!」 「O157は怖い。。。」   そんな心理になりますね。   私は専門家ではないので、詳しくはわかりませんが、 私たちの周囲には、 常在菌 というものがあります。   ま、抵抗力のある健康な人であれば、 問題のないレベルであるわけです。   常在菌とは、 主にヒトの身体に存在する微生物(細菌)のうち、 多くの人に共通してみられ、病原性を示さないものを指す。 基本的には人の健康に影響を与えず、共生関係にあるものを指す。 安定して多数で存在することにより、 侵入した病原性微生物の繁殖を抑制し、発病を防ぐ効果もあると考えられている。 強力な抗生物質の使用などにより 常在菌が極端に減少すると、 他の細菌やカビなどが爆発的に繁殖し、病原性を示す事がある。 単純な外傷で傷口が化膿した場合は 繁殖している細菌の大部分は常在菌であり、 健康なら神経質に殺菌、消毒する必要はないとする考え方もある。 (出典:WikiPedia)     そう考えると、 「まあまあ、そんなに神経質にならなくても。。。」 とも思えるけれど、 ついつい気になってしまうわけです。 スーパーで洗剤をどれにしようかと考えた瞬間に、   あの「菌の拡大イメージ」   が浮かんでくるのです。   これが、キラーワードであり、   キラーワードの力   なのです。    ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です