リーダーシップと感情 その1

リーダーシップとは、権威(地位など)とは関係のないもの   と定義できますね。   もしリーダーが、 メンバーが尊敬するような輝かしい実績や業務知識を持っていると、部下はついてくる場合が多いですよね。 もしかしたら、第一番目の上司の条件かもしれません。   しかし、面白いもので、どんなに輝かしい実績を持っていて、業務知識が豊富なリーダーでも、尊敬されない場合があります。 尊敬されないどころか、ヒトによっては敬遠されることすらありますよね。   それはなぜでしょうか?   その原因は、人間の感情。   ヒトの心を理解しようとすること リーダーとして、ヒトの心を理解することあるいはしようと努力することは、極めて重要なことです。 一般的な例でいえば、職人として自分の技を究めることと、第三者を結束させ目的に向かって力を発揮させることは、その職能は大きく異なります。   だからこそ、   「名選手、必ずしも名監督ならず」   などと言われるのでしょう。   ビジネスパーソンであれば、この程度のことは耳にタコ、かもしれません。   しかし、情報として知っていることと、実際に自分がリーダーシップを発揮できるかとは大きく異なります。   個人としての業績も良いし、頭も良いし、人柄も悪くないのだけれど、どうしてもリーダーシップがない、と言う人を見たことありませんか?   (続く)    ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です