コンフォートゾーン?

快適な領域   を指します。   仲のいい友人との会話、 気心の知れた同僚、先輩とのいつもの業務、 信頼している取引先とのビジネスランチ、などは、 まさにコンフォートゾーンの中で行われています。     一方で、   経験のない何か新しいことに挑戦するとき、 いままで付き合いのなかったような人と付き合うとき、 経験のない物事に取り組むときには、   不安な気持ちになることがありませんか? もし可能であれば、避けて通りたくなったり。   それは、コンフォートゾーンを踏み出していることが 原因になっていると考えられます。     元々コンフォートゾーンは、 1908年に2人の心理学者が提唱した考え方に 端を発しているようです。   「相対的に快適な状態によって 一定のパフォーマンスを発揮できる。」   このように発表したのは、 心理学者の   ロバート・M・ヤーキーズジョン・D・ドットソン   でした。   そして彼らは、こう付け加えました。     「その一方で、パフォーマンスを最大限に発揮するには、 相対的に不安な状態、 つまり、いつもより少しストレスが高い状態が 必要である。」    

この法則を

ヤーキーズ・ドットソンの法則

というそうです

出典:新しいことを始めよう!「コンフォートゾーン」から一歩踏み出すためのサイエンス:ライフハッカー[日本版]
つまり、私たちが
もっと成長したい、
成功したい、
起業したい、
もっと尊敬されたい、
もっと幸せになりたい、
リーダーシップを発揮できるようになりたい、
。。。と願うならば、
茹でガエルは嫌だ!
。。。と思うならば、
イノベーションは必要だ!
。。。と感じるならば、
コンフォートゾーンから
踏み出すことが必要なのです。
(続く)
       ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です