それ、教育ではなくストレス発散なだけですよ。。。^^;;

自分起点」   つまり自分のことを中心に考えているからです。   子供が電車や駅で騒いで   「自分が大変」 「他人の目が自分が気になる」 「自分は疲れているのに自分が面倒臭い」   違う視点でいうと、   「自分の言い方を押し付ける」 「子供に効果があるかどうかは、考えない、関係ない」 「子供のため、子供のことを思っているという勘違い」   これは、自分のことを中心に考えていますから、 相手(子供)のためではないんです。   自分のため   なんですね。残念ながら。 (じゃどう言えばいいのよ?!と疑問がわきますよね。 それについては後日。効果絶大な方法があります。)     もう一つは、   感情   です。   この若いお母さんは、   一人っ子か、 姉妹で育ってきているか、   あるいは、 その男の子が最初のお子さん   なのでしょう。   つまり、小さな元気な男の子は お母さんの言うことなんかきかない、 ということを知らないのか、 学ばないのか。   「やめなさい!」   と言えばやめると思っているのに、 我が子はやめない。   この偉大な母である私の言うことを聞かないとは、 けしからんーっ!!   と怒りの琴線   に触れてしまったのです。   感情的に怒っているのです。   つまり、 自分の気持ちを収めるために   しつこくしつこく   「なんでわからないのっ?!」   というのです。   もし、自分が失敗した際に、 権威者にしつこく指摘され続けたらイヤでしょ?   なのに、 かわいい我が子にはストレス発散してしまう。。。   (自分のストレス発散以外に) イイことないのは明白でしょ?    ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です