いまや組織は逆三角形

PDCA (Plan – Do – Check – Action)サイクル   を回せ! となったわけです。   ところが、 もはや、 未来が過去の延長線にはなさそうであることが うっすらわかってきました。   顧客ニーズやペインも 千差万別。   もはや昔のように 一握りのリーダーがすべての情報を 知っているという状態は過去のものになりました。   では、誰が知っているか?   そう、現場の人々です。   だから、彼らが最大限の力を発揮できるよう、 リーダーは支えることが求められるようになってきたのです。   つまり、組織のピラミッドは、   逆三角形   になり、   リーダーが全体を下支えする、   サーバントリーダーシップ   が取り沙汰されるようになってきたのです。     (続く)      ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です